保命酒一覧

保命酒とは

保命酒の起源は江戸時代の初め、大坂(大阪)生玉神社(天王寺区)の近くで漢方医の子息であった中村吉兵衛(きちべえ)が鞆の浦で造られていたお酒と薬味で造ったことに始まります。 当時、瀬戸内海の港町 として全国から多くの人々や物資が交わっていた鞆の浦には醸造のノウハウが集約され醸造業が栄えておりました。そこに漢方の知識が加わって保命酒が誕生しました。

保命酒(ほうめいしゅ)の特徴

薬味の成分が溶け込んでいますので吸収も早く、血液と共に身体のすみずみまで行き渡ります。寒い時期には体が温まり、夏は夏バテ防止に喜ばれています。

続けてのご飲用をおすすめいたします。
甘みの強いお酒ですが、この甘さはもち米から出る自然のもので、砂糖や人工甘味料は使っておりません。

賞味期限は製造日より1年です。アルコール分は約14度です。

瓶

清酒とは異なり、原料はもち米、麹米とアルコール分40%の焼酎です。

麹から出る酵素により、もち米が糖化され、これが保命酒の原酒となります。

この原酒を調合し、その中に16種類の薬味(高麗人参、菊花、黄精、桂皮、枸杞子、甘草、丁子など)を漬けた後、濾過します。

仕込みの次期は毎年4月で、上槽(醪を酒袋に入れて圧搾し絞る作業)は6月、新酒が出来るのは11月となります。

当店では、昔ながらの製法にこだわり、滋味のあるお酒づくりを志しています。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [12] 商品中 [1-12] 商品を表示しています

保命酒 丹波焼 丸徳利 箱型コモ包み 1,200ml

4,700円(内税)

備後地方特産のイグサを利用した伝統的な梱包形態です。 製品の保護のためという本来の目的に加え、時を経て徐々に装飾性を高めて現在にいたっております。日本古来からの様々な包装技術は海外からも高い評価を受けています。 コモのシートは花瓶用コースターとして利用出来ます。



保命酒 丹波焼 丸徳利 箱型コモ包み 600ml

2,100円(内税)

備後地方特産のイグサを利用した伝統的な梱包形態です。 製品の保護のためという本来の目的に加え、時を経て徐々に装飾性を高めて現在にいたっております。日本古来からの様々な包装技術は海外からも高い評価を受けています。 コモのシートは花瓶用コースターとして利用出来ます。




保命酒 丹波焼 狸徳利 化粧箱入 200ml

1,200円(内税)

その昔、病に臥した親たぬきのため、きれいな娘さんに化けた子たぬきが保命酒を求めに山を下ってきた、というお話をもとに狸徳利はつくられました。


全 [12] 商品中 [1-12] 商品を表示しています

Other page

Top